口臭にも種類がある?その口臭は身体からのサインかもしれません

 

口臭には大まかに分けると、2つの種類があります。1つ目は口の中自体が臭い場合です。

 

この場合には口の中の環境を良くすれば良いので、口臭をすぐに治すことも可能です。虫歯や歯垢、歯石などが原因となっている場合も多いので、まずは歯医者に行くことをおすすめします。

 

歯石取りと虫歯の治療を済ませば、口臭を作り出すものがなくなります。こうなった上で、殺菌作用のある口内洗浄剤で口内の菌を減らすと良いです。

 

口内洗浄剤はとても効くのですが、悪い菌だけではなく、良い菌も減らしてしまうので、あまり使い過ぎてはいけません。

 

ある程度、使って、口臭が納まってきたら、使用を控えた方が良いです。あとは、しっかりと歯磨きをするようにすれば良いです。

 

歯を磨くことはもちろんですが、歯茎もしっかりと磨いた方が良いです。歯茎が弱いと歯槽膿漏などになりやすくなってしまうからです。

 

2つ目の原因は腹の中が臭う場合です。食べ物が臭うという単純な理由の場合もありますが、消化機能が落ちていて、臭い場合もあります。

 

このような場合には、内臓にトラブルを抱えているので、病院で診てもらった方が良いです。

 

問題があれば、手術などをして治し、多少の問題であれば、消化の良いものを食べて、状態を改善すれば、臭いも収まって行きます!

 

しかし人間というものは、口臭だけでなくさまざまな体臭が気になってしまうものですよね。
特に足臭・・・

 

足臭が気になるという方は多いのではないでしょうか?
足臭は男女問わず気になるものなので、しっかり対策をして臭いケアをしたいところですよ!

 

足臭をなんとかしたいという方のためにこちらの情報が役立ちそうだったので参考にしてみてくださいね!

 

>>足の臭いを消す方法<<