口臭ケアで口腔内の健康維持を

 

口臭が強いと、会話をする相手に嫌な思いをさせることになりますし、次第に避けられてしまうので、エチケットが気になる方は、普段から口臭ケアを行い、口腔内の健康維持をするようにしてください。

 

口臭は健康な人でも起こるものですが、唾液の分泌が少なくなると、細菌が増えるので、それが原因で臭いを発するようになるのです。

 

月経前や更年期のホルモン量の低下によっても起こりますし、歯垢や食べカス、舌の表面に付く汚れが残っている場合も起こるので、歯磨きなどのオーラルケアで対処するようにしましょう。

 

また、歯周病や虫歯、ドライマウスなどの口内の病気が原因のこともあるので、この場合はお近くの歯科クリニックで治療を受けるようにしたいですね。

 

口内の病気だけでなく、鼻や喉、胃腸、肝臓、腎臓、呼吸器官、糖尿病などの疾患が原因のこともあるので、オーラルケアをしたり、歯科クリニックで治療を受けても効果がなかった場合は、医療機関で診てもらうようにしましょう。

 

口臭対策には、歯ブラシや歯磨き粉でオーラルケアをする以外にも、デンタルリンスや糸ようじを使ったり、タブレットやガムなどのエチケット用アイテムの利用も効果的なので、色々試してみることをおすすめします。