口臭の原因が扁桃腺にあるときの対策

 

口をあけたときにのどの両側にある扁桃腺はリンパ球組織の塊であり、普段は口などから侵入して来た細菌やウイルスと戦って、体内に侵入してしまうことを防ぐ役割があります。表面にはくぼみがたくさんついていて、細菌などを捕まえやすい構造になっていますが、このくぼみに白い塊ができることがあり、これが口臭の原因になることがあります。

 

白い塊は膿栓と呼ばれるもので、食べかすや細菌などの死骸が白く固まってくぼみに溜まってしまいできます。扁桃腺炎になっているときには余計に細菌の死骸ができやすく、白い塊も発生しやすい傾向があり、無理に取り除くと潰れて悪臭を放つことがあります。

 

扁桃腺が腫れて傷むときには市販薬でのどに塗布するスプレーや内服薬も販売されていて、うがい薬を利用して殺菌を行うことで口臭対策として有効です。状態が酷い場合には、市販薬に頼る前に耳鼻咽喉かなどで診察を受けたほうが安心できます。

 

扁桃腺炎を起こさない予防対策としてうがいを毎日行うと有効性がありますが、殺菌する力が強すぎるとのどを荒れさせてしまうことがあるため、お茶を利用してうがいを行うと良いです。お茶に含まれるカテキン成分に殺菌や抗菌作用が認められていて、抗酸化作用もあるため口臭予防に適しています。